宝達志水町公式観光サイト

文字サイズ

観光スポット

加賀藩御用達 宝達葛(ほうだつくず)

中世末期、宝達山が金鉱山だった頃、麓の「宝達」地区には多くの
土木技術者が在住していました。医者がいない時代に、過酷な採掘作業を
行う人たちの健康管理に役立てようと、山に自生していた「葛根」を掘り、
漢方薬として葛粉づくりを始めたのが「宝達葛」の起源です。

宝達葛は、毎年1月の大寒の日を皮切りに、厳冬の冷たい伏流水で
精製する過酷な作業によって作られます。作業は全て手作業。

宝達葛の高い品質は、長い歴史の中で培われた伝統技術と
宝達山の冷たい伏流水によってのみ製法され、
その希少性は全国に知られています。



  • 宝達葛


  • 手間暇をかけ精製された宝達葛


  • 厳寒の中作業は全て手作業