宝達志水町 Houdatsushimizu-town 水と人が奏でるハーモニーのまち宝達志水町 Houdatsushimizu-town 水と人が奏でるハーモニーのまち

文字サイズ

Home > くらしの情報(町税) > 固定資産の所有者が死亡した時はどうすればよいですか?
更新日 2016年8月30日(火曜日)  ID 5-1-97-5710   印刷用ページ

固定資産の所有者が死亡した時はどうすればよいですか?

回答

 法務局で所有権移転(相続)登記の手続きが必要です。

 固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に対して課税されます。
 このため、土地や家屋の所有者が死亡した場合には、死亡した年のうちに所有権移転(相続)登記をしていただくと、次年度には新所有者に課税されることになります。

 相続登記が年内に完了しない場合には、死亡手続きの際にお渡しする「固定資産税納税義務者の変更届(代表相続人指定届)」を提出していただくことで、相続登記が完了するまでの期間、納税義務者を変更いたします。

 なお、登記されていない家屋の所有者変更が必要な場合には、税務課窓口にて「家屋所有者変更申請書」を提出してください。


お問い合わせ
税務課 (宝達志水町役場 1階)
〒929-1492 石川県羽咋郡宝達志水町子浦そ18番地1
電話番号:0767-29-8150
ファックス:0767-29-4623

広告欄

広告掲載について
  • エヌ・エービデオ
  • 株式会社敷浪タクシー
  • 広告募集中

※広告バナー及びそのリンク先のホームページの内容については宝達志水町が保証するものではありません。