宝達志水町 Houdatsushimizu-town 水と人が奏でるハーモニーのまち宝達志水町 Houdatsushimizu-town 水と人が奏でるハーモニーのまち

文字サイズ

Home > くらしの情報(町税) > 固定資産(住宅用地)の利用方法を変更したときには届け出が必要ですか?
更新日 2016年8月30日(火曜日)  ID 5-1-97-5713   印刷用ページ

固定資産(住宅用地)の利用方法を変更したときには届け出が必要ですか?

回答

地方税法第384条、宝達志水町税条例第82条の規定により、届け出が必要です。

固定資産税は賦課期日(1月1日)の現況で課税されます。
前年度の賦課期日(1月1日)から住宅用地の利用方法に変更があった場合には1月31日までに届出が必要です。

具体的には次のような場合に、税務課までご連絡下さい。
(1)住宅の新・増築
(2)住宅の建て替え
(3)住宅の全部・一部取り壊し
(4)家屋の用途変更(例:店舗を住宅にするなど)


お問い合わせ
税務課 (宝達志水町役場 1階)
〒929-1492 石川県羽咋郡宝達志水町子浦そ18番地1
電話番号:0767-29-8150
ファックス:0767-29-4623

広告欄

広告掲載について
  • エヌ・エービデオ
  • 株式会社敷浪タクシー
  • 広告募集中

※広告バナー及びそのリンク先のホームページの内容については宝達志水町が保証するものではありません。