宝達志水町 Houdatsushimizu-town 水と人が奏でるハーモニーのまち宝達志水町 Houdatsushimizu-town 水と人が奏でるハーモニーのまち

文字サイズ

Home > くらしの情報(医療・保健) > 石川県で重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が発生しました
更新日 2015年9月7日(月曜日)  ID 2-1-12-5304   印刷用ページ

石川県で重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が発生しました

石川県内において、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者が確認されました。(2015年9月3日)
SFTSは、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染します。マダニは森林や草むらなど屋外に生息し、春から秋にかけて
活動が活発になります。SFTSウイルスの潜伏期間は6~14日で、主な症状は、発熱、下痢などの消化器症状です。重症化すると命に
かかわることがあります。 
【1.マダニに咬まれないようにしましょう】
・マダニが生息する草むらや藪、森林で長時間寝転んだり、座ったりするのはやめましょう。
・草むらに入るときには、長袖、長ズボン、手袋、長靴、帽子、手袋を着用し、首筋にはタオルを巻くなど、肌の露出を少なくしましょう。
・DEET(ディート)などの成分が含まれた虫除け剤の使用も有効です。
・屋外活動後はシャワーや入浴で、ダニに咬まれていないか確認しましょう。
【2.もしマダニに咬まれてしまったら】
・無理に引き抜くとマダニの一部が皮膚内に残ることがあるので、直接ダニを取ったりつぶしたりせず、すぐに病院で処置してもらいましょう。
・マダニに刺された後に発熱等の症状が出た場合は、早めに医療機関を受診してください。

関連リンク



お問い合わせ
健康福祉課(押水窓口センター) (町民センター(アステラス) 1階)
〒929-1311 石川県羽咋郡宝達志水町門前サ11番地
電話番号:0767-28-5506
ファックス:0767-28-5569

広告欄

広告掲載について
  • エヌ・エービデオ
  • 株式会社敷浪タクシー
  • 広告募集中

※広告バナー及びそのリンク先のホームページの内容については宝達志水町が保証するものではありません。