産直のおいしさをお届けしたい。

トップページ > 宝達志水町の野菜 ちんげんさい

ハウス栽培の王様 冬育ちは甘みたっぷり
ちんげんさい

ちんげんさい
生産者の声

ちんげんさいは、夏は約40日、冬は約3ヵ月で生育します。栽培期間が長い冬場のちんげんさいは、葉の枚数が多く、茎は太く、厚くなり、甘みが違います。中心部にいけばいくほど、甘みが増し、生でもお楽しみいただけます。

ちんげんさい ちんげんさい
栽培品種 夏賞味・冬賞味・ニイハオ
出荷時期 通年(年に約7回収穫)
旬は、冬(11月~3月)
生産背景

ちんげんさいは、昭和60年代から栽培しています。ミニトマトと並んで、宝達志水町の施設園芸(ハウス栽培)の代表格となっていて、ミニトマトの収穫を終えた冬場に、ちんげんさいを植えたのが栽培の始まりです。現在は約10件の農家で栽培。夏はミニトマト、冬にちんげんさいを栽培する農家や、季節にあった品種や栽培方法に留意して、年間通して生産する農家もいます。


メモ

農家さんに聞いた!とっておきの食べ方

細かく刻んで、レモン汁をかけて食べるとりんごのようなフルーティーな味わいが楽しめます。


ちんげんさい
JAはくい・町内各小売店


トップページ > 宝達志水町の野菜 ちんげんさい

↑ページの先頭へ