【再延長】住宅の被害拡大防止のためのブルーシート等の展張作業費等に対する補助について【3/31完了分まで】

更新日:2024年01月11日

令和6年能登半島地震で被害を受けた住宅に対し、ブルーシート等の展張作業費及び資材費を最大5万円補助します。

この「住宅の緊急の修理」制度は、災害救助法に基づく制度であり、住宅への雨水の侵入により被害が拡大することを防ぐため、住民からの申込みに基づき、町が業者にブルーシートの展張等の修理を依頼するものです。

○受付日時 令和6年1月6日から税務住民課で受付します。

   受付時間は、開庁日の 午前10時~12時、午後1時~4時までです。

 

○町が業者に作業を依頼します。

○期限は令和6年3月31日までの完了分です。 

 

■対象となる住宅

屋根、外壁、窓(建具)等の貫通等の損傷等の被害を受けた住宅

※被害の確認は、被害を受けた方が持参した写真で判断しますので、写真をご持参ください。

※り災証明書は不要です。

※住家が対象となります。物置、倉庫や空き家、駐車場等は対象となりません。

 

■補助対象経費

雨漏りに対応するためのブルーシート、土のう袋、ビニール紐等の資材購入費、施工にかかる費用

※修理前、修理後の写真が必要です。

 

■限度額

1世帯あたり5万円以内

※費用は、町から修理業者に直接支払います。

※限度額を超える費用は自己負担となります。

 

■注意点

・原則着工前に申請が必要ですが、早急にブルーシートの展張等が必要な場合は、必ず施工前、施工中、施工後の写真を撮影しておいてください。写真がない場合、補助の対象とならない場合があります。

業者へ工事代金の支払いが完了してしまうと制度を利用することができませんので、ご注意ください。緊急の修理は、町が業者に直接工事代金を支払う制度です(現物支給)。

被災日時において、実際にお住まいであった住宅に対しての補助制度です。

・DIY やボランティアによるものは対象外です。

・町から無償で提供された資材を使用する場合、資材費は対象外です。

・町内でも地震被害に便乗した「悪質商法」が確認されています。怪しいと感じたらその場ですぐ契約せず、周囲に相談するなど十分注意してください。

 

■申込期限

令和6年3月31日までの完了分

※町が修理業者に作業を依頼しますので、着工前に申請をお願いします。

 

■申込みに必要な書類

・申し込み時(申込者から町へ提出)

  必要書類  
1

・住家の被害の拡大を防止するための緊急の修理に関する申込書

・対象住宅の「準半壊以上」(相当)が判断できる写真

様式第1号(申込書)

・完了時(施工業者から町へ提出)

  必要書類  
1 工事完了報告書 様式第4号(工事完了報告書)
2 写真台帳 様式第4号の2(緊急の修理(修理前・修理後)の施工写真)

 

この記事に関するお問い合わせ先

地域整備課
〒929-1492
石川県羽咋郡宝達志水町子浦そ18番地1
宝達志水町役場 1階

電話番号:0767-29-8160
ファックス番号:0767-29-4251

メールでのお問い合わせはこちら