出産時育児一時金

更新日:2021年02月01日

国民健康保険に加入している方が出産した場合、出産育児一時金として、39万円(産科医療補償制度ある医療機関の場合は42万円)が支給されます。

出産育児一時金は、出産後に受け取る方法と、出産前に申請し、かかった出産費用を出産育児一時金の39万円(42万円)を限度として、町が医療機関に直接支払う方法があります。

出産後に受け取る場合

従来どおり、出産後に申請していただき、出産育児一時金を受け取ります。

申請に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証
  • はんこ

受領委任払制度を利用する場合

受領委任払制度とは?

高額な出産費用を準備する負担を緩和し,安心して出産を迎えていただけるための制度です。
ただし、国民健康保険税に未納がある方は、この制度を利用できません。

手続きの流れ

  1. 事前に医療機関に制度を利用することが出来るか確認します。
  2. 出産前に役場で申請書を受け取ります。
  3. 申請書を医療機関へ持参し、必要事項を記入・捺印してもらいます。
  4. 申請書を役場へ提出します。
  5. 出産後、39万円(42万円)を限度に、町が医療機関へ支払をします。

出産費用が39万円(42万円)を上回った場合、上回った分の額を申請者が医療機関に支払うこととなります。
出産費用が39万円(42万円)を下回った場合、下回った分の額を申請者に支給することとなります。

産科医療補償制度ある医療機関の場合は42万円

申請に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証
  • はんこ

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり推進室
〒929-1311
石川県羽咋郡宝達志水町門前サ11
町民センター「アステラス」 1階

電話番号:0767-23-4545
ファックス番号:0767-28-5569

メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか