不育症治療費の助成について

更新日:2021年05月10日

子どもを産むことを望みながら不育症のために恵まれない夫婦に対し、平成27年度より1年度30万円を上限に治療費の一部を助成します。

対象となる条件

  • 法律上の夫婦もしくは事実婚関係にある者であり、不育症と診断されていること
  • 申請日において、夫婦の両方または一方が引き続き町に1年以上住所を有していること
  • 夫婦の両者とも医療保険各法に加入していること

助成の対象となる費用

  • 医療保険各法の規定に基づく保険給付が適応されない不育症治療に係る費用
    入院時の差額ベッド代や食事代、文書料等は除く

助成金の内容

  • 1年度につき上限30万円(夫婦1組につき)

必要な書類

  • 不育症治療費助成交付申請書
  • 不育症治療医療機関受診等証明書
  • 医療機関発行の治療費の明細が分かる領収書
  • 戸籍謄本(申請日より6か月以内に発行のもの)
    または住民票等の夫婦であることが証明できるもの
    町で確認できる場合は省略できます。
  • 保険証の写し
  • 事実婚関係にある方は、生まれる子について認知を行う意向を記載した申立書

申請期間

  • 治療の終了した日の属する年度内

関連書類

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課
〒929-1311
石川県羽咋郡宝達志水町門前サ11番地
町民センター「アステラス」 1階

電話番号:0767-28-5506
ファックス番号:0767-28-5569

メールでのお問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか